銀行系カードローン

銀行系カードローンのCMは良く目にするようになりましたし、またインターネット上にも多くの広告が掲載されています。
この「銀行系」というのは、銀行がサービスのすべてを提供しているものではありません。
たいていの銀行は、自行でサービスを提供しているのではなくて、子会社や同じグループや系列に消費者金融や信販会社を持っていて、これらの会社が債務保証を行うなどの方法でサービスを提供しています。

債務保証とは、もしも返済されなかったときに、代わりに銀行に返済をするサービスを指します。
例えば消費者金融が債務保証をしている場合、銀行には貸倒リスクはありません。
もしも返済できなくても消費者金融が代わりに返済をしてくれるからです。
銀行系カードローンの申し込みをするときには、消費者金融や信販会社が審査を行うことになりますが、これは債務保証の関係があるあkらです。

このような仕組みになっていますから、銀行系カードローンと言っても、実質的には消費者金融や信販会社がサービスを提供していると言っても良いでしょう。
それならば、消費者金融や信販会社から直接借りれば良いと感じる人もいるようですが、これには法律が関係していて、銀行から借りた方が有利な場合が多いのです。

消費者金融や信販会社は貸金業者として登録をして営業を行っています。
ですから、貸金業法の制限を受けます。
例えば総量規制も貸金業法に定められていますから、この規制によって貸し付けを行いにくくなっているというのが消費者金融や信販会社の本値でしょう。

銀行系カードローンは、実質的には消費者金融や信販会社が融資を行っているわけですが、借入をする人は銀行と契約を結び、銀行から借りる事になります。
ですから貸金業法は適用されません。
貸金業法に定められている厳しい規制は何も適用されないのですから、ゆるい規制の中で貸し付けを行うことができます。
ですから、消費者金融や信販会社にとってもメリットは大きいと言えるでしょう。

専業主婦のキャッシングなら奥様アシストはココ
初めての借入にも安心の情報サイトです。