リボルビング返済方式の落とし穴について

キャッシングのリボルビング返済方式には借り過ぎたり、利息が膨れ上がるデメリットがあります。
キャッシングのリボルビング返済方式にはいくつかの種類がありますが、多く見られるものが借入残高とは関係なく、毎月設定した金額ずつ返済していくという方式です。この方式では、返済が終わる前に新たにキャッシングを行っても月々の返済額には変化がないため、支払は楽になります。しかし、借入残高が高くなれば利息も増えるため、返済額から利息を差し引いた元金の減少の割合が小さくなり、支払が長期化します。これによって利息も多く支払うことになり、利息の総額が高くなるデメリットがあります。
また、月々の返済額が変化しないため、借入残高に対する意識が希薄になり、キャッシングを繰り返すことで返済が困難になる借入を行ってしまうことも少なくありません。現在の状況も把握しにくいため、返済が終わるまでの期間も分かりにくいです。
リボルビング返済方式では手数料なども各社で違いがあるため、注意が必要です。リボルビング返済方式を利用するとポイント還元されるような会社もありますが、代わりに手数料が他社よりも高いこともあります。
また、利率についても分割払いよりもリボルビング返済方式の方が高いというデメリットがあります。
カード会社はリボルビング返済方式の方が儲けが多いため、これを利用するように誘導するキャンペーンを行っていることがありますが、安易に利用すると利息や手数料が膨れ上がるので注意が必要です。