総量規制対象外のキャッシングって?

キャッシングを利用する場合、消費者金融は貸金業者であることからも総量規制の対象となり、年収の3分の1を超えるキャッシングの利用が出来ません。

既に年収の3分の1に近いキャッシングを利用している場合は、借入残高の合計が年収の3分の1から差し引かれ、残りのキャッシングの利用となります。
例えば、年収が300万円の人の場合は、最大で100万円までお金を借りる事が可能になりますが、他社借入の残高が42万円あれば、新しい消費者金融で借りる事が出来る額は58万円が最大になるのです。

総量規制は、多重債務者の数を減らす目的で貸金業法が改正された際に、新しく追加された規制です。
年収の3分の1を超える貸付を消費者金融に対して規制を行う事で、お金を借りる事が出来なくなりますので多重債務になるケースが少なくなると言われているのです。

尚、総量規制は貸金業法に基づいて運営を行っている消費者金融や、キャッシング枠が設けられているクレジットカードを発行する信販会社に対する規制となります。

因みに、銀行は貸金業法ではなく銀行法に基づき運営を行っていますので、消費者金融のような総量規制は無く、総量規制の適用外になります。

また、消費者金融のローン商品の一つにおまとめローンと呼ばれるキャッシングが有りますが、おまとめローンは他社の借金を一本化させる専用のローンです。
借金を一本化する事で返済額を減らすことが出来ると言ったメリットが有る事からも、総量規制対象外として認められているのです。

これは、借りる人に対して一方的に有利になるローンで有り、例外貸付として総量規制対象外になっているのです。