キャッシングの利息について

キャッシングでお金を借りると、当然利息を加えて返済することになります。
キャッシングでの利息は上限年率が20.0%までと法律で定められていて、通常はこの上限年率までに設定されています。

利息の計算方式は借入金×年利率÷365×借入日数となっています。
キャッシングでは、この計算方式で出された利息が上乗せされた金額を支払っていきます。
また、クレジットカードのキャッシングだと、通常のキャッシングよりも高めに設定されていて、上限が29.2%になっています。

また、利息の金額はキャッシングの借入金額、金融機関が設定している年利率、借入期間、内容設定条件などによって変わってきます。
更に元金の残高に応じた利息が計算されるので、返済方法(分割払いやリボルビング払い、元金均等など)によっては毎月の返済額と利息額の合計金額も変わってくるので、毎月の返済金額も変わります。

年利率や利子、利率や実質年率など、多くの言葉がありますが基本的な計算方式を先に計算しておいて、確認しておけば返済計画もたてやすいですし、どのぐらいの負担になるかもわかってきます。
例えば、3回払いと、24回払いだと同じ金額を借りたとしても、かなり変わってきます。
最近は、それぞれの業者の公式ホームページで、借りた金額や返済回数などを入れるだけで簡単に返済金額などを計算できるサービスを無料で行っているので、積極的に利用して返済する目安を確かめておくといいでしょう。